スポンサーリンク

メッセージ・glink・ptext に縦中横を入れる

縦中横は、Font・ブラウザ等、環境によってかなり表示が変わります。
chromeとティラノライダーでも表示が変わりました。

尚、mtext はどうしたらいいのかさっぱりわからず。

バックログプラグインに実装していますので、改造が面倒な方はそちらをお使いください。


メッセージ・glink・ptext 共通

共通というか、.tcy がメッセージ用で、.text_tcy span がglink・ptext 用ですが、記述はまったく一緒なので纏めて記載しとく。
因みに、縦書きセーブの縦中横とも同じです。

CSS

縦中横のCSSを用意します。tyrano.cssの下の方にでもコピペしとく。

.tcy,.text_tcy span {
	-webkit-text-combine: horizontal;
	-ms-text-combine-horizontal: all;
	text-combine-upright: all;
}

glink・ptext

物凄く力業です…。
glinkの縦書きに関しては過去記事を参照してください。

タグ

テキストの縦中横にしたい部分を <span></span> で囲い、name=text_tcy を指定します。

[ptext text="テキストテキスト<span>!?</span>" vertical=true name=text_tcy]
[glink text="興味あります<span>!!</span>" name="vertical,text_tcy"]

メッセージ

kag.tagu.jsの [font] [resetfont] text.showMessageVertical に追記します。
[font][resetfont]はどちらも this.kag.ftag.nextOrder(); の上あたりに追記

[font]

if (pm.tcy){
	this.kag.tmp.tcy = true;
	this.kag.pushBackLog("<span class='tcy'>");
}

[resetfont]

if (this.kag.tmp.tcy == true){
	this.kag.pushBackLog("</span>");
	this.kag.tmp.tcy = false;
}

showMessageVertical

var j_span = that.kag.getMessageCurrentSpan(); の下あたりに追記

if(that.kag.tmp.tcy == true)j_span.addClass("tcy");

first.ks

起動したら必ず読むファイルの本編始まる前に。

[iscript]
TG.kag.tmp.tcy = false;
[endscript]

タグ

[font] のパラメータとして tcy=true を指定する。

[font size="30"]ちょっとまったーーー[resetfont][font size="30" tcy=true]!![resetfont]
誰だ[font tcy=true]!?[resetfont]

余談

tcy って何だよ!と、思うじゃないですか。
縦(tate)中(chu)横(yoko)と覚えるのです…(´▽`)←気づくまで覚えられなかった人

参考にさせて頂いたサイト様

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク